定期保険を用いた相続対策

生命保険を結んでおくことは相続税対策として有効とされています。亡くなった方から受け継ぐ財産の中に現金が十分あれば相続税を払うことが可能なのですが、そうでない場合、財産を売却する又は身銭を切ることになってしまいます。このような場合に備えて生命保険を結んでおけば、相続の際に必要となる資金を確保することができ、対処することが可能となるのです。突然の相続にあわてないように生前からしっかりと対策しておくことが大切です。

 定期保険は生命保険の一種で、一定期間内に被保険者が死亡した場合に保険金が支払われるというものです。定期保険でも上記の対策を立てることは可能ですが、期間内に被保険者が死亡しなかった場合、特に何も支払われません。つまり、満期保険金のない掛け捨てであるということです。ただ、その分保険料が安く結びやすいとも言えるので、一概に対策のために定期保険を結ぶことが間違いであるとは言えません。各々の事情を考慮し、他の保険と比較しつつ選択肢の一つとしてもいいのではないかと思われます。

 また、相続税がかからない場合でも生命保険は有用です。例えば、亡くなった方の住居を長男が継ぎたいと考えているが、主要な財産はこの住居のみで他の相続人が取得できる分がないとします。この場合、他の相続人に要求されれば、住居を売却し現金化して分割するか、身銭を切るしかありません。こういった場合にも長男を受取人とする生命保険を結んでおけば、他の相続人への代償金を支払うことが可能となり、長男は無事住居を相続することが可能となります。生命保険は円滑な財産承継のためにも役立つのです。

相続問題についての問題解消はこのように考えることが大切です。財産分けで揉めないようにするにはしっかりと相続のことを考え気楽に考えないことです。遺産相続の問題については資産をたくさん持っている場合のとても難しい問題に直面します。後悔のないように相続分けを終わらせるには早めに遺言により対策をしておけば意外に何事もなく解決したりします。-
相続対策はいろいろ細かい障害も多く悩ましいことです。公正証書遺言や自筆証書遺言などできっちり解決できるかは相続について安易に流されないことです。相続対策について保険を使った対策が後になり効果が出てきます。相続対策について研究することはいいことです。
相続対策について
http://www.bird-net.co.jp/cat4601.htm

生命保険を契約することはすぐにできるようなことではありません。満足できるような生命保険は支払う保険料の合計額はマイホーム購入に次ぐ家計の支出と言われているもので、契約することはしっかり見積もることです。だから専門の保険代理店に保険見積りををしてもらいいい保険の組み合わせができるようにしないといけないのです。-




link/ 00/ 01/ 02/